今日のニュース

「今日のニュース」 2022/3/20 四旬節第3主日礼拝メッセージ

ルカの福音書13章1~9節

今日の聖書は、まるで当時のニュースのような箇所です。ある人たちがイエス様に、「ピラトがガリラヤ人たちの血をガリラヤ人たちのささげるいけにえに混ぜた」(13:1)という情報を伝えました。当時ローマの植民地だったイスラエルで、「反ローマ」のガリラヤ人グループがローマ政府の転覆を企てているらしい、という情報がローマ総督ピラトの耳に入ったようです。それでピラトは兵士を送り込み、そのガリラヤ人たちがいけにえを捧げて礼拝している最中に剣で殺し、その血がいけにえの動物の血に混じったという事件です。何だか現代でも起こりそうな出来事です。この情報をイエス様に伝えた人は、「彼らがこんな目に会ったのは、自分が悪いからだ」と思っていたようです。しかしイエス様は「あなたがたも悔い改めないなら、みな同じように滅びます」(3)と言われました。「ひとごとではなく、これはあなた自身の問題ですよ」と言われたのです。

さらにもう一つの事件(事故)の話をイエス様は持ち出されました。シロアムの塔が倒れて18人が犠牲になったという事故です。これについてもイエス様は、犠牲者たちが人一倍罪深かったのではなく「あなたがたも悔い改めないなら、みな同じように滅びます」(5)と言われました。いったい世間の事件とわたしたちと、何の関係があるのでしょうか?何を悔い改めるべきなのでしょうか?それは、これらの事件や事故の犠牲者を、またわたしたちのそばにいる悲しんでいる人、痛んでいる人を、いつも「ひとごと」のように傍観していること。「あれはあの人自身に問題があったのだ」と突き放すこと。それをわたしたちは、悔い改めるべきだとイエス様は言われたのです。

6節からのたとえに出てくる「実のないいちじく」は、「愛のないわたしたち」を表しています。園の主人は「こんな木は切り倒しなさい」と言いますが、園の番人は「もう1年お待ちください」と懇願します。この番人はイエス様です。そしてその「1年」の間にイエス様は十字架にかかって、わたしたちの罪を清め、新しく生まれ変わらせてくださいました。イエス様の十字架と復活を信じる信仰によって、わたしたち愛のない者が、愛の実を結ぶことが出来るようになったのです。こんな素晴らしいニュースが他にあるでしょうか?

(永田 令 牧師)